忍者ブログ
PBW(プレイ・バイ・ウェブ)『シルバーレイン』のキャラクターブログです。 わからない人にはわからないかも…。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

関係各位へ、こたびの遅延、大変申し訳ありませんでした。
その分、という訳ではありませんが、全力のOPを書かせていただいたつもりです。
それではどうぞ。
 冷たい風が吹き荒ぶ。
 単に季節柄吹く風ではない。そこには形容しがたい、何か恐ろしい気配すらも感じられる風だ。
 そんな風に、長い髪を火の粉のように振り乱しながら。
 朱鷺村・伊鳥はそこにいた。
 ひらりひらりと舞う枯葉の中に混ざるその出で立ちは、炎を思わせる。
「ここが、件の神社か」
「どこもかしこも荒れ果ててるな……」
 並び立つように、二つの黒いシルエット――瀬良・陸都と、ラック・リバー。
 三人は、神妙な面持ちを以て、境内へと足を進める。
 当の昔にさびれた神社には、参拝客はおろか、持ち主の姿さえもない。
 だが、三人にはそれは都合がよかった。
 今日は、決して参拝などという目的で来たわけではないのだから。

 この神社は、伊鳥が長らく入り浸っていた場所だと言う。
 ここには、過去の自分がいるのだと。
 そして、決別しなければならないのだと。
(こいつたっての願い、聞かねえわけにはいかねえさ)
 石畳を歩きながら、ラックは伊鳥に頼まれた時のことを思い出した。
 そしてその想いは、陸都も同様。
「ここからまた、伊鳥もリスタートする。そのための万難は、俺達が払おう」
 幾度となく、刃を重ね、時を深めた二人。
 二人は顔を見合わせ頷き合い。
 そうして、少し先を行く伊鳥の後を追いかけた。
 そのうち、一際広い場所にたどり着いた。恐らく、参拝殿であろう。
 ここにきて、周囲の様子は一変する。
「……伊鳥」
 陸都が伊鳥の方を向く。無言で前を見据える彼の、その視線の先。
 辺りが異質なる紅に染められる――否、これは紅葉だ。
 三人の周囲、参拝殿の広場を覆うように、大量の紅葉が舞っている。
 そして頭上から注がれる紅い滝は、伊鳥と二人の間に降り注いだ。
「伊鳥!」
 ラックが叫ぶ、しかし、間断なき赤の壁からは、なにも返ってくることはなかった。

そして、その向こう側。
 紅葉吹雪の中を、ゆっくり、ゆっくりと歩いてくる。
 壁を背にした、伊鳥へ向かって。
「あァ待ちに待ッたぜ、ようやく此処に戻ッて来たか。案外遅かったなァ? もっと早いと思ッてたぜ」
 影は語った、再会の喜びを。
「心外か? あァ? だがよ、テメーは結局戻ッて来たんだぜ。きッひはは、この俺に会いにさァ! サイコーだねェ!」
 影は笑った。至上の幸福を。
「さァ、もういいだろ? 前みてーに、暴れて、壊して潰してさァ! 共に笑おうじゃねェか!」
 影は誘った。過去への回帰を。

「ざけんじゃねェ、『てめェ』とは今度こそサヨナラだ」
 そして、彼は応える。
 刀から鞘を抜く。鞘走りから火花が散り、やがて炎を宿した。
 陸都・ラックもまた、各々の武器を構える。
「くハッ、おンもしれェ。そンじゃ、やッてみるか?」
 首をかしげ、ケタケタと笑うその影は、歩きながらゆっくりと刀を抜いた。同時に、禍々しい気すら感じられる、怨嗟の声の塊のようなドス黒い何かが刀にまとわりついている。
 それが刀を振りあげると、彼らの周りの紅葉は一気に飛び散った。三人を隔てていた、紅葉の壁もまた同様に。
「無事だったか、伊鳥」
「あァ。それより……来るぜ」
影のその向こうの、男のその顔に張り付いた、不浄を許さぬ般若の怒りの形相が、三人を睨む。
 伊鳥と同じく、その周囲に溶けるような紅葉柄の着物。唯一つ、違う点があるとすれば、黒い気を吐く彼のそれは、ボロボロにすりきれ、そして、所々鮮血にまみれていることであろうか。
「今こそ、彷徨う心にバイバイする時だろうよ……なァ?」
「違うねェ。今度こそまた、『鬼』は舞い戻るのさ。おォ?」
 赤と黒。二つの切っ先が、互いを指す。
 その魂が行くは光か、はたまた深淵か。






マスターより
 長らくお待たせしました。恭一背後にして今回の偽マスターこと朔望です。
 今回の敵の情報について。

 従属腫×魔剣士相当の攻撃を行います。威力・命中率共に奥義級とみて間違いありません。
 また、今回のゴーストが持つ特殊空間の能力として、紅葉を武器に纏わりつかせることで武封を与えてきます。抗体空間と同様、毎ターン開始時に判定されます。
 言葉巧みに揺さぶりをかけてくることもあるでしょう。
 強い心を以て、立ち向かってください。


※なお、相談期間は4/15(月) 朝8:30までとします。
相談場所には、綾乃のベスプレをお貸しします。存分にご利用くださいませ。
熱いプレイングを楽しみにしています。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/28 嘉凪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
朔望
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
Copyright ©  -- 深い森でかくれんぼ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]