忍者ブログ
PBW(プレイ・バイ・ウェブ)『シルバーレイン』のキャラクターブログです。 わからない人にはわからないかも…。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 唐突に書きたくなった小説。

 久々に恭一のお話。





 暑い日だった。

 人々は自動車や電車、あるいは建物に引きこもり、文明の利器でそれぞれに避暑をする。おかげで今、恭一が歩いている学園近くの通りには誰も、何も、いない。

「まるでゴーストタウンだな」

 一人、呟いて苦笑する。能力者がそんなことを言うと洒落にならない。

 通りを抜けた先にある公園、休日に読書をするときに必ず使う場所。ベンチの真上には新緑が広がり、心地よい風をもたらしてくれる。いつものようにベンチに腰をおろし、いつものように手のひらに収まった文庫本を開く。そこに変化は、ない。

 ふとした時、少しだけ本に注いでいた集中が途切れた。いい機会と、隣に置いていたペットボトルから、時間がたってぬるくなった水を喉に注ぐ。ぼぅっとしたまま、空を仰ぐ。先ほどまで読んでいた本の内容――推理小説の謎解きが、頭の中でぐるぐると渦を巻き始めた。ああ、これからどんな結末が僕を待ちうけるのか――そう考えた時、ある登場人物の台詞が脳裏をよぎった。

「そこは、そこにあるのかい?」

 本の中では、その言葉は単なるダジャレとして簡単に受け流されていた。しかし、よくよく反芻してみると、思ったよりも深い――と、視線を地面に向け、思考の渦へと意識を落とす。

 ――そことは、何か?

 ――そこには何があるのか?

 ――そこは確かにあるのか?

 思考は潜る。さらなる渦へ。考えは考えを呼ぶ。

 ――僕らのやっていることに、底はあるのか?

 ――何が底なのか?

 今はまだ、何も見えない。そこへ向かって意識は潜り続ける。しかし、答えのない思考はいずれ止まる。恭一の思考もまた、終わらない思考の中で、止まった。見渡せばあたりはすでに暗く、空を飛ぶ烏はもはや影となっていた。

「考えたって、仕方ない――のかな」

 止まった思考をどうすればいいかもわからず、夕焼けに延びる影は家路をたどっていく。永遠に続く戦い――いずれ来るべき終わりは、果たしてそこにあるのか。閉じた本にはしおりも付けないままに、思考の渦は巡り巡る――。







 はい、SSっぽくなっちゃいました。だが後悔はしていない(キリッ
 ちなみに、例のダジャレはとある漫画のキャラからの引用です。ゲームでしゃべってたのを思い出したのでネタにしてみました。考えてみると思ったより深い命題かもしれない……。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/28 嘉凪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
朔望
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
Copyright ©  -- 深い森でかくれんぼ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]