忍者ブログ
PBW(プレイ・バイ・ウェブ)『シルバーレイン』のキャラクターブログです。 わからない人にはわからないかも…。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ふとした時、彼女は何をしているだろうかと、考える。
 口づけをかわし、永遠を約束した。

 最初で、最後の相手。



 ある日の、自室。
 本をめくる手もそこそこに、紅茶を一口すする。
 以前、綾乃に貰った、アッサム。この頃の、僕のお気に入り。

 手のひらの上の書物では、平安の時代を生きた男女が、身分ゆえの結ばれない愛を嘆いていた。
 時代を考えれば、割とありふれた話。
 この時代でも、無いことはないが……まあ、それはいい。
 もし、僕らがこの本の中の男女だったら。
 そんな考えが、なんとなく浮かんだ。
 たらればは、あまり好きじゃないけれど。

 僕はただの身分の低い役人で、彼女は高貴な出の姫で。想いだけが募る日々。
 常世において結ばれることはなく、残る術は全てを捨てるか、あの世で共になるか。
 もし、彼女が望むというのなら、僕は迷いなく連れ出そう。
 守るものがはっきりしている僕を、遮ることなどさせはしない。
 雲のない月の夜に、きっと連れ去ってみせるだろう。
 そんな想像から思考が現実に戻った時、ふと外を見れば、満月が輝いていた。
 彼女を、月よりも綺麗だといった日を思い出して、我ながら恥ずかしいことを言った、と、一人赤面する。
 そういえば。ふと火照った顔に風を送りながら、以前綾乃が話していたことを思い出した。

「恭ちゃんも、好きな人ができた時のために、勉強しておくといいと思うよ」

 言いながら、差し出されたのは、一冊の本。花言葉について書かれたものだった。
 少し億劫に感じながらも、本棚を探り、取り出す。秋の花のカテゴリのページを、なんとなく読んでみる。
 その中に、ふと目をとめた花があった。

「……ふむ」

 少し赤が混じったその花に、僕は彼女のある表情を重ねた。
 そうして、想いは口より紡がれる。

「あき来ぬらむ とはにかほりし 酔芙蓉……

 月にむかって投げかけるように、思いついた俳句を唱える。
 言葉は霧散し、欠片も残ることはなく。
 風だけが静かに、僕の顔を掠めていく―――。
 

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/28 嘉凪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
朔望
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
Copyright ©  -- 深い森でかくれんぼ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]