忍者ブログ
PBW(プレイ・バイ・ウェブ)『シルバーレイン』のキャラクターブログです。 わからない人にはわからないかも…。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気が付けば前編を公開して1年たっていた事実orz

というわけで、内容忘れている方多いでしょうが、よかったらカテゴリから読み直していただけると幸いな所。


※相当昔に書いた前編を最新の方に上げてあります。よかったらどぞー




 ―――翌日。

 彼の日常は、いとも容易く崩れおちる事になる。

「真彩……が……?」

 その知らせを聞いたのは、朝、台所に立つ母親からだった。。

「ええ……今日は学校お休みしてもいいから、葬儀、行ってあげなさい?」

 どうして、なんで?
 思考が追いつかない。
 気付いた時には、彼は家を飛び出していた。
 三軒隣、赤の屋根。
 荒れた息もそのままに、家に飛び込む。

「恭一くん……」

 喪服を着た真彩の両親、そして、その向こうに見える親族と思しき人の姿。
 その奥にある、細長い、木の箱―――。

「真彩っ!」

 それは、今まさに火葬されんとしているところだった。
 ―――嫌だ。そんな、死に目にも…会えないなんて。
 気が付けば飛びださんとしている彼の体は、数人の大人に抑えられていた。

「離せ……離せよぉぉぉぉ!」

 ・
 ・
 ・
 ・

 そこから先の事を彼は今になっても、あまり思い出せない。
 帳の降りた公園、その中を一人、幽鬼のように、目的もなくさ迷い歩く――なんと滑稽なんだろうか。
 これが夢ならばどんなに良かっただろう、朝起きたら、いつも通りの日常がそこにあったなら。そんな事ばかりが思考を占める。けれど、自分の立つこの場所には、明らかに『現実』がつきつけられていて、彼女はもう二度と戻ってこない。それが、現実。

「本当に、そう?」

 ―――声が聞こえた。少し高めで、よく通った声。
 そんなはずはない。でも、もし、本当だとしたら。
 かすかな希望と共に顔を上げる。そこには―――――。

「………真彩?」

 死んだはずの人が、そこにいた。

「ねえ、恭一……覚えてる? 今日、私の誕生日だったんだ」

 そういえば――と、そんなことを今、ふと思い出す。昨日、彼女が何か言おうとしていたのは、あるいはそれだったのだろうか。思考を巡らせる事数秒。彼女は、恭一の胸元に近づいて行く。

「私…ね、欲しいものが、あるんだ……」

「…なんだい? なんでも、用意してやるよ」

 しなだれかかるその体を、受け止める。冷たい感覚が皮膚を通して伝わる。まるで、血が通っていないかのような――。

「恭一の血が……欲しい」

「……真彩?」

「いいでしょ? 私の、誕生日プレゼント……」

「……どうしたんだ?」

 血を望む…そんなこと、明らかにおかしい。彼の中の理性が考えているうち、気がついた時には腕の中の真彩の様子が、段々ただならぬもののように感じられていく。

「真彩、震えてるよ…寒いのかい?」

 季節はまだ春――段々暖かさを越えて少し暑さすら感じる季節。寒さはほとんど感じない…なのに、彼女の体温はまるで『死んでいる』かのように冷たく――――。

「お願イ……時間が…足リなイノ……」

 袖をめくり、僕の腕に爪をつきたてる。そこから滲んだ血を、彼女は舐め取っていく。明らかに様子がおかしいのは理解できる。それでも、恭一はそれを拒むわけにはいかなかった。それを拒んだ瞬間、彼女が、いなくなってしまうような気がしたから。

 それから真彩は、夜、この公園でだけ、彼にだけ、姿を見せてくれるようになった。
 世間的には、彼女は死んだことになっている。真彩はその方が良いと言う。
 理解は、できない。納得も、できない。でも、彼女がそれでいいなら、僕もそれでいい。恭一は、そう思うことにした。
 毎晩毎夜、この場所で血を与える。それで、彼女がどこにも行かないのならそれでいいのだと、思い込むことにした。


 ―――それでも。
 仮初の生は、いつまでも続くことなんて、ありはしないのだ。










 はい、丸1年以上ぶりに書きました続編です、本当にごめんなさい。
 さっさと後編も書いて、偽シナまでつなげようと思います。
 ホントに申し訳ないと言わざるを得ない……。

 世界の終りも宣告された以上、しっかり個々人の物語も終わらせてあげたいものですね。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/28 嘉凪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
朔望
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
Copyright ©  -- 深い森でかくれんぼ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]